探偵会社、調査依頼の内容によって費用が違うのか?

自分でなんとかしちゃダメ

巻き込まれてしまったら

ストーカによる被害は、年々増えています。
思いもよらないところで迷惑行為の被害に巻き込まれてしまうこともあります。
警察に相談しても、何か事件が起きてからではないと具体的な対応をしてくれないのが現状です。
まったくしないよりかはましですが。
一人で悩むのは危険です。
探偵事務所では、身を守る安全対策を考えます。
とはいっても、相手も人間なので、マニュアル的な対応が当てはまるわけではありません。
調査員が依頼人へのストーカー被害の様子をストーキングしている本人にばれないように調べます。
第三者の介入がストーカーを刺激してしまう場合があるからです。
調査した資料を元に依頼人が警察に相談や被害届を提出して被害を最小限に抑えましょう。

どのくらい必要?

これに関しては、相場はあってないようなものです。
実際に被害内容を把握するのにどれくらい日数がかかるか、どれくらい危険を孕んでいるのかが事前に分からないからです。
つきまといや脅しなど法律に明らかに触れている場合は分かり易いですが、法律に触れるか触れないか微妙なラインでストーキングされたら、実態を把握するのに時間がかかります。
狡猾な相手の場合は特にです。
捜査員も慎重に動く必要があります。
料金の内訳としては、調査員が動くので、調査員の調査費用がかかります。
稼働日数と実際にかかった必要経費が最低かかります。
だからといって自分で解決しようとはしないで下さい。
身の危険を感じた時は、すぐにでも相談しましょう。


この記事をシェアする